スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もういっそこのまま@カトマンズ

おう、そこの金髪蒼眼のにーちゃん。


なにをそんなに気張っているんだ??


ここはもうインドじゃあないぜ。ネパールだぜ。


そして俺はネパーリーじゃないから。


英語で道を聞いてくるのはやめてくんな。


愛想笑いしかできねぇから。


「ティケッ!!」→「チケット!!」発音良すぎて。





カトマンズ。快適すぎます。


まずは豊富な日本食。(マサラの味はしません。)
IMG_1995_convert_20120331011533.jpg


そして露天風呂。(保温中)
IMG_2033_convert_20120331011028.jpg



街にはアウトドアショップが乱立。


ゲストハウスは快適なネット環境。


前田敦子AKB卒業のニュースを知る。


溢れんばかりのホットシャワー。


穏やかな気候。


ちょっと街から出れば、見事な風景と綺麗な空気。
IMG_2058_convert_20120331010524.jpg




もう、素晴らしい。


きっと日本から直でいくと有難みがないので、


インド周遊後をオススメいたします。


あとはヒマラヤが見れれば完璧。動くのメンドクサ。

IMG_1990_convert_20120331012614.jpg
大人気DORAEMON!!どら焼きの色がおかしい。

IMG_2023_convert_20120331012129.jpg
ボダナート。ネパールの写真でよく見るやつです。

IMG_2055_convert_20120331005259.jpg
ナガルゴット「憲武珈琲店」
店主がとんねるず憲武さんに似ていると評判です。すごく親切な方でした。


BARのネパーリーの演奏する「Smells Like Teen Spirit」がほのかに聞こえる素敵なゲストハウスより。





スポンサーサイト

インドを一旦まとめてみよう!!

いや、妙にゲストハウスのWi-Fiの調子がいいもんだから、なんか書こうかなーと。


風邪は2日寝たら治りました。


歯痛は奥歯にキュウリが挟まってたからでした。解決。





「インド人に騙される」これはもうエンターテイメントではないでしょうか。


「まだ僕は賢い旅をすべき歳ではない」これは至言です。


出会う日本人みな、少し嬉しそうに騙された話をします。


逆に騙されていないと、少し寂しそうに話を聞く羽目になります。


まるで、恋愛経験がない上での恋バナのような気まずさ。


なかには本当に洒落にならない体験談もありますが。






まあ、多分インドの観光地の90%位は「悪い人」かもしれません。


でも残りの人、全人口で言うと99.8%くらいはきっと「いい人」です。


なんせ人口が半端ないから薄まる薄まる。


あくまでツーリストの立場で言わせてもらえば。





インド人は基本的にフレンドリーで親切。そしてツーリストに優しい。


特に観光地を少し外れたところに行くと顕著らしいです。


聞いた話だと、レストランの順番待ちを譲ってもらったり、電車の席を譲ってもらったり。


僕自身も地図を広げてたら道案内してもらったり、電車の席を見つけてもらったり、


たまに土産物屋に連れていかれたり。


冗談。本当に助けてもらいました。

















このくらいフォローしとけば、インド人も納得でしょう。





とりあえず、初めての海外旅行がインドで本当によかったと思うわけです。


次、機会があれば、南の方とガイドブックに載ってないようなところにも行ってみたい。

IMG_1083_convert_20120326220916.jpg






慢心、寒暖の差@ダージリン~ジャナクプル

お久しぶりです。どうも。

ということで、インド北部の紅茶とトイトレインの街、ダージリン。


IMG_1815_convert_20120323220135.jpg





なんでそもそもダージリンに来ようかと思ったかと言いますと、

IMG_1906_convert_20120323215743.jpg







なんか「ダージリン」ってかっこいい


Darjeelingって!!最後のingかっこよすぎだわ!!


というわけで、まあ来ちゃった。







しかし、ダージリンは寒い寒い!!


もうほんと、多分日本より寒いんじゃないかな。マンパ、フリース完全装備です。


しかもホットシャワーは出ないとあっては、もう寒稽古の域です。セイヤセイヤ!!

















ということで、見事風邪をひきました。









治りきらぬまま、ネパールに行くことを決意。


だってインドだと治るものも治りそうになかったんだもの。








ネパール側国境、カーカルビッタまで日本人宿のメンバーと一緒に。


初めての陸路での国境越え。あの、猿岩石的なやつもやりました。せーのってやつ。



IMG_1926_convert_20120324141634.jpg



そこから一人で地獄のローカルバス旅行。ネパール第二の都市、ビラトナガルまで6時間


池とネパール唯一の鉄道が有名なジャナクプルまで8時間


そりゃもう死ぬところですよ。


ジャナクプルなんて街の20Km手前位で降ろされて、運転手が













「もう今日はジャナクプル行くのやーめた。」








とか言いはじめるし。


ほかの乗客は「あそこにジャパニーも乗ってるじゃないか!!困ってんだろ!!」


的なことを言ってくれて、なんとか5kmほど進みましたが、


根本的な解決には至らず。


その後は親切な学生さんに連れられて、なんとかゲストハウスにたどり着いたのでした。


しかし、刹那、体に異変が。







頭痛え…



腹痛え…














なにより歯が痛え…







きっと風邪の一症状だよね☆てへぺろ


寝たら治りますよーに。


(ちなみに私の海外旅行保険に歯科治療特約はないのである。)


DSC_9124_convert_20120324155024.jpg

ダージリンはタイガーヒルより望むカンチェンジュンガ山。ヒマラヤ山脈の西の方??
カメラマンの卵、シュウジ君が撮影。

IMG_1845_convert_20120323220519.jpg

世界鉄道遺産、トイトレイン。

IMG_1928_convert_20120324160103.jpg

このツーケーはあいつのツーケーに似ている…。






どうしてこうなった…@コルカタ

本日インドの東っ側、コルカタに着いたんですよ。朝7時頃。

IMG_1700_convert_20120313225518.jpg








眠い目をこすりながらTAXIを探すわけです。「ゴー!!サダル!!オンリー100ルピー!!」ってね。


重い荷物を持ちながら、ゲストハウスを探すんです。「ハウマッチルピーパーワンナイト??」ってね。


荷物を置いたら一服して、街をブラブラするんです。




まあ20歩も歩けば「アニョハセヨ!!コンニチワ!!ニーハオ!!」の声が掛ります。


だいたい無視しますが、気が向いたら相手をしてあげます。


そうするとだいたい共通点が見つかり、チャイを飲みに行こうぜ!!ってなるんです。




インド人「俺もお姉ちゃんがいるぜ!!これでフレンドだな!!」


インド人「俺も歩くの好きだぜ!!これでフレンドだな!!」


インド人「俺も貧乏だぜ!!これでフレンドだな!!」




もうフレンドの大安売りです。



2週間あまりの旅行で、もう400人くらいのインディアンフレンドができた計算になります。



俺は友達が多い。




ねえ、あなたにとっての友達ってなに??





思い起こせばデリーなんて。


チャイを奢られ、宝石店へ。


チャイを奢られ、旅行代理店へ。


チャイを奢られ、土産物屋へ。


軟禁状態!!お金をちょうだい!!


まあそれが少し楽しくて、ついつい付いていってしまうんですけどね。




コルカタでも早速12歩位で声が掛ります。


インド人「かっこいい帽子だね!!」


俺「そ、そう!?ありがと///」つい答えてしまう。


そこからはテンプレートなやりとりを。


インド人「チャイ飲もうぜ!!」


もう俺も2週間鍛えられた身。今回は奢られる前に奢ってみた。




















普通にいい人だった。


土産物屋も、宝石も、旅行代理店もなし。


「サンキュ~マイフレンド~」ってじゃれてくる。


ただの人懐っこい人だった。








そのあと会った別のインド人に、デリーの話をしたら、


インド人「いい日本人、悪い日本人両方いる。それと同じように


いいインド人、悪いインド人両方いるんだ。大切なことは、目を見て話し、自分の頭で考えることだろ?」





















正論だった。






























そのあと、サリー屋に連れて行かれて、1時間商談しました。



先輩、大切なこと教えていただき、ありがとうございました。



では、ブッタガヤとコルカタの写真をば。


IMG_1479_convert_20120313224705.jpg
マハボーディー(菩提樹)にて。スピリチュアルなスポットでした。


IMG_1484_convert_20120313224922.jpg

ブッタガヤガイドのスネル一家。ご飯ごちになりました。


IMG_1702_convert_20120313225936.jpg
北区図書館の方、おさがしの本はコルカタの本屋で売りさばかれていますよ~





インド式占い師の話@バラナシ

アグラから寝台列車でバラナシに着きまして。


IMG_1263_convert_20120309030433.jpg


まあこんな感じの街をブラブラしながら、土産物屋など冷やかしておったんですよ。


無数に落ちてる牛のう●ことか避けながらね。今はもう避けませんが。


ツアーで一緒になった女子大生りーちゃんが葉っぱを買いたいってんで、


もうそこは必死に止めたわけです。社会人として。


安易なドラックの使用は良くないよ。ってね。


まあチャイの葉っぱだったんですが。


目に着いたお茶屋さん。そこには日本語ペラペラインド人店長が。


ひとしきり、どこから来たのか、どこへ行くのか、インドの印象は、などと


1日20回はするであろう話をしまして。


まあなぜか有名な占い師がいるから見てもらえってな話にあいなりまして。


集めたお布施はユニセフに寄付して、インドの子どもたちのために使っている占い師だとのこと。
















あ、「地球の歩き方」トラブル一覧でみたやつや!!



はい、やばい空気がプンプンしますね。フラグがビンビンですね。


まず、日本語使うインド人はね。もうね。相場が決まっております。


でもせっかくインドまできたので、騙されてみるのもいいかなと。


というか馴れました。騙されることに。


日本語ペラペラインド人店長と一緒に占い師を訪ねたのです。


細い路地を入り、普通の民家に。20分ほど待たされ、出てきたのは


タンクトップから乳首のはみ出たおっさん…(´・ω・`)


女子大生りーちゃんの方から占いが始まりまして、いろいろ言われておりまして。


ただ私的には、タンクトップから除く乳首と、扇風機でそよそよ揺れる乳毛(長め)に


釘付けで、話をほとんど理解できませんでした。(嘘です。英語がわかりませんでした。)


占「お前の来世は牛ね。牛。」


と強く断定されて涙目になった女子大生リーちゃん。


ということでね、いよいよ私の番になったわけです。


占「あなたは人を好きになったことが3~5回あるね??」


私「え、ええ…まああります。(26歳ならまあ…)」


占「俺にはわかるんだよ(ドヤァ)」


いや、そんな威張られても。


占「あなたは腰か肩かおなかに悩みを抱えているね?」


私「は、はい…。(わりと体全体キタ━(゚∀゚)━!)」


占「俺にはわかるんだよ(ドヤァ)」


いや、そんな威張られても。


私「過去はもういいので、未来のことをお願いします。」


占「いいだろう。あなたはすごくお金持ちになる。」


占「しかし将来、友達に大きな金を貸して、回収が難しくなるだろう。」


占「また、お金が原因で、誰かにナイフで刺されるだろう。」



















え!?まじで!?刺されちゃうの!?



すかさず、お茶屋の日本語ぺラペラインド人が、


茶「ここには神聖な石があって、お守りを作れます。


  お守りがあると、あなたの災難が90%OFFになります。


  例えば、返ってこないお金が5万円くらいになったり、


  ナイフで刺されるところが竹で叩かれるくらいになったりします。


  1,600ルピーでつくれますけど??」


ほしーほしーそれほしー


なるわけないやろ。


まあ、こんな感じの面白い街でしたよ。


では、バラナシのいいところの写真を置いておきますね。

IMG_1274_convert_20120312030108.jpg

ガンガーの夜明け

IMG_1290_convert_20120312030327.jpg

朝7時。完全にはしゃいでます。このあと一緒に沐浴しました。

IMG_1310_convert_20120312030554.jpg

宿のみんなとハッピーホーリー。死ぬかと思いました。

IMG_1372_convert_20120312031012.jpg

犬も牛も、みんなカラーまみれです。

IMG_1396_convert_20120312031236.jpg

「ガンジスの向こう側」で、柔道を指導するクレイジーケンこと謙さん。
面白い話をたくさん聞けました。




ブログ始めました。

皆様、おはようございます。


ここインドはバラナシより、ブログを始めることにしました。


安否をご心配いただいている方、昼ごはんの時暇な方、


夜寝つきが悪い方など、たまに覗いてコメントを頂けますと幸いです。


では、よろしくお願いいたします。
プロフィール

yasu

Author:yasu
現在26歳。
某大学教育学部卒業後、
印刷・広告会社に4年弱
勤めて退職。現在無職。
夏までユーラシア横断旅行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。