スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK、その壁は高い@ロンドン

もうUKなんて二度と来るもんか。



そう思っていた時期もありました。






オランダはアムステルダムからバスで12時間。AM4:00。



フランスのカレー、フェリー乗り場で叩き起され、出国手続&UK入国審査。

IMG_4693_convert_20120527084156.jpg





そりゃ聞いてましたよ?UKの入国審査はかなり厳しいって。



不法滞在者、不法労働者が問題になってるって。



まず、ユーロ圏の人たちがスイスイ抜けていく。



もうパスポート見せて、目的と滞在日数言って終わり。



黒人の方々も意外とすんなり。植民地からの移民かしらん。







しかし、中東、アジアっぽい人たちの番になると審査官の表情が一変。



険しい表情で、下から舐めるように見てくる。



残高証明を見せたり、帰りの航空券を見せたりして、何とか通過していく。



いよいよ僕の番になったわけですが、これがまたしつこい質問責め。



多分バスの乗客の中で一番長かった。






目的は?滞在期間は?どこに行く予定か?UKに友人はいるのか?これまでどこに行ったのか?



貯金はどのくらいか?なんの仕事か?月収は?家族は?帰りの航空券を見せろ。



父親の職業は?実家の畑はどのくらいの広さで、何を作っているのか?



歌とか、大道芸とかはできるか?なぜ滞在がたったの4日なのか?ホテルはどこだ?



たどたどしくも、審査官の英語をよく聞き、シンプルに答えていった。



けれども審査官の出した結論は



「どうしてもおまえにそんな貯金があるようには見えない。ちょっと座って待ってなさい。」



審査の列が途切れるまで待機させられ、一番最後まで残される。







そしてもう一度、質問責め。もうこれは入れないのかなと思ったとき、



クレジットカードの存在を思い出し、渡してみる。



安定のVISA!!信頼のMaster!!安心のAMEX!!



これが功を奏し、なんとかなんとかスタンプをもらう。





バスは僕待ちで、予定のフェリーに乗り遅れ、ロンドンへの到着時間が2時間遅れる\(^o^)/



今まで、あんなあからさまに貧乏人を見下すような視線を浴びたことがないので、



腹は立つやら情けないやら。UKが大嫌いになりました。



けど今考えてみると、インドやらネパールで、



僕は同じような目で現地の人を見ていたのかもしれないなと反省。



もちろん、表面上は最大限の笑顔で接していたつもりなんだけど。



心の奥底には、少なからずそんな気持ちがあった。かもしれない。



そんなことを考えているうちに、ロンドンに到着。

IMG_4722_convert_20120527084252.jpg





まあ、結論から言うと、おれ、UK、すき。



今回の宿はご飯、シリアル、ラーメン、パン、牛乳、卵がフリー!!



美術館もフリー!!ゴッホもモネもミケランジェロもフリー!!

IMG_4757_convert_20120527084406.jpg



地下鉄の乗り換えとかもむちゃくちゃわかり易いしね。

IMG_4794_convert_20120527084829.jpg



道を聞いても、向き合って親切丁寧に教えてくださる。





BEATLESの『ABBEY ROAD』のABBEY ROADや、

IMG_4800_convert_20120527085114.jpg
(アビーロードスタジオ前には無数の落書き)

IMG_4803_convert_20120527085201.jpg
(かのアビーロードスタジオ)

IMG_4815_convert_20120527085410.jpg
(記念撮影の観光客でいっぱい。なかには裸足で歩くポールファンも。)


OASISの『(What's the Story) Morning Glory?』のBerwick Streetを見つつ、

IMG_4786_convert_20120527084743.jpg



カムデンマーケットでバンクシーのTシャツを買ったり、エンジョイできました。

IMG_4779_convert_20120527084511.jpg

100323_16.jpg






そして同宿の方にも本当によくしていただきました。



みなさん留学生で、一生懸命勉強していらっしゃいましたよ。



フレンチガールのジャスティンは、食事してたら白いバラを一輪飾ってくれたりね。



小池栄子そっくりの韓国の方とかね。元美容師さんに髪を切ってもらったり、



元飲み屋の方がパエリア作ってくださったり。







まあ、たまたまあの入国審査の方と波長が合わなかっただけですね。



あの方もそれがお仕事な訳ですし。



そして今日、ポルトガル行きの飛行機の手荷物に、アーミーナイフを入れっぱなしにしていて、



没収&取り調べ。



「あれ、むっちゃ高かったんだよ。」と愚痴をこぼすと、手荷物検査のおにいちゃんは同情して、



「ヴィクトリノックスだろ。あれはもったいないね。でもしょうがないよ。」とか慰めてくれた。



これは完全にミステイク。



気を取り直して、本日よりポルトガルです。










スポンサーサイト

この寒さ、尋常じゃねえ@オランダ

イタリアではナポリでピザを食べ、ローマで外人と飲んだくれ、酔いちくれ、

写真+(2)_convert_20120519071356



ヴェネチアで沈みゆく街を観ておりました。



ヴェネチア、もうちょい掃除せんか。沈む沈む詐欺で訴えるぞ。



イタリア人に間違われ、ご機嫌な僕です。



USA生まれのニックに『クールガイ』の称号を頂き、ご機嫌な僕です。



FBのメッセージで頂いたから、証拠もちゃんとあるもん。








さて、みなさんはご存知だろうか。



『Knocking on Heavens Door』という15年前のドイツ映画。

http://www.youtube.com/watch?v=0A9gHSQBTkI&feature=related


-『天国じゃみんな海の話をするんだぜ』-

同じ病院で同じ日に余命わずかの宣告を受けた二人、ルディとマーチン。
ルディは海を見たことがないと言う。
「それじゃあお前は仲間に入れてもらえないな。だって今、天国じゃ海の話で持ちきりだぜ。」
そんなマーチンの言葉をきっかけに二人は病院を抜け出し、海を目指す。



とまあ、DVDの裏にはおそらくこんな感じで書いてある。






この映画のラストの海のシーンがあたしゃ大好きでねぇ。



たまたま、イスタンブールで映画の話になって思い出したこのシーン。



そこから気になって、この海は一体どこの海なのか調べてみたんですよ。



Texel, Noord-Holland, Netherlands



オランダ、北ホラント州、テセル。







というわけで、今オランダ、南ホラント州、デンヘルダーに来ております。

IMG_4461_convert_20120519070210.jpg


きちゃった☆



テセル島対岸の街であります。

IMG_4465_convert_20120519070253.jpg







もうだいぶ北のほうなので、かなり寒い。



デンヘルダーにつくまでは快晴だったが、この旅行中初めて、観光中に雨が振る。

IMG_4480_convert_20120519070425.jpg


うん、カンジ出てる。



テセル島まではフェリーなので、夕方、明日の時間と料金をターミナルに確認しにいく。



往復で2.5€(260円くらい?)というので、そのまま勢いよろしく手ぶらでご入島。



桜島に行くより安い。






着いたらば、まさしく映画で見たような感じの所。

IMG_4484_convert_20120519070515.jpg


とりあえず、砂浜に出てみるが、あのシーンの海は見えない。



浜伝いに歩を進めるものの、途中、柵やらなんやらのせいで道に迷う。



風雨も強くシャツを濡らすほどとなったので、本日はこれにて終了。

IMG_4499_convert_20120519070611.jpg


荒ぶる北海を眺めながら、再びデンヘルダーまで戻る。





この映画に特に思い入れがなければ、本当になんということのない島。



今の時期なんて、寒くて、暗くて。



けど、僕は明日も行って、ひとり『Knocking on Heavens Door』ごっこしてきます。



みなさまも、お暇なときがありましたら、是非この映画、ご覧ください。



PS.こちらはなかなか陽が沈みません。日没が22:00位です。


























Fantasticの使い方@ナポリ

IMG_3950_convert_20120513055341.jpg

いや、とりあえずギリシャとか置いといて。



ミコノス島を後にし、(フェリー)→ピレウス→(メトロ)→アテネ→(バス)→



パトラ→(フェリー)→--イタリア入国--バーリ→(バス)→ナポリ



ということでナポリでございます。







IMG_4255_convert_20120513055010.jpg

ナポリと言えばピッツァマルゲルィィィタッ!!



巻いてきます。舌を。仕掛けてきます。ウインクを。



ピザマルゲリータも、スパゲッティポモドーロも本当に素朴な味。


IMG_4125_convert_20120513053635.jpg

想像に難くない味。けど、その想像を一歩超えてくるというか、なんかうまい。









ナポリの街歩きもそこそこに、サンタルチア近くの港から、カプリ島へ行ってきました。



いや、僕も知らなかったんですけどね。カプリ島。



あれがあるらしいんですよ。あのグロッタアッズッラが。



グロッタアッズッラね。グロッタアッズッラ。



グロッタアッズッラとはなんなのか。グロッタアッズッラの正体とは。








カプリ島に着いて、島内一周グループツアーに参加。かのグロッタアッズッラにも行くらし。



しかし、グロッタアッズッラの手前でお腹いっぱいになるほどの絶景。

IMG_4175_convert_20120513053852.jpg



筆舌に尽くしがたいほどの絶景。なんたルチアやで。

IMG_4159_convert_20120513053815.jpg



今日ほど鳥になりたいと思ったことはないかも知れない。



堂々、「もし鳥に生まれ変わったら住みたい場所ど~こだランキング」1位です。



今までは、ヒマラヤを滑空する鳥が1位でしたが、本日限り看板を下ろしてもらおう。



カプリのカモメ。語呂もいい。

IMG_4252_convert_20120513054930.jpg









ということでグロッタアッズッラ(青の洞窟)。

IMG_4222_convert_20120513054634.jpg


なんかもう、青じゃないんすよ。蛍光色なんすよ。



底から明るめブラックライトをあててる感じ。



( ゚д゚)ポカーン



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚ Д゚)ハッ



びっくりして写真も上手く撮れず。なんたルチア。

IMG_4221_convert_20120513054031.jpg



外人さんたちも「Fantastic!!Fantastic!!」



Fantasticってこんな時使うのね。インドのコブラ使いに使う言葉ではなかった。



ツアーも終わり、ビーチで昼寝して帰りましたとさ。

IMG_4236_convert_20120513054750.jpg






しっかし白人さんたちは、すぐ甲羅を干したがるね。なにがそこまで駆り立てるのか。



サンタルチアの磯でも干してた。無理な態勢。なんたルチア。

IMG_4084_convert_20120513053728.jpg












白と青の街@ミコノス島

ギリシャっ子の挨拶は「ヤ・サス」。



親しい人には「ヤス!」で、方々から呼ばれているような気がしてなりません。




誰もお呼びでないのにね(´・ω・`)



IMG_3604_convert_20120507055410.jpg

ただいまエーゲ海旅行真っ只中でございます。



クシャダス(トルコ領)からサモス島(ギリシャ領)へ。
IMG_3697_convert_20120507055712.jpg




その日はちょうど良いフェリーがなく、一泊してからシロス島。



この夜、一応映画「マンマ・ミーア」を観る。
D113194469.jpg



これ、近くのスコペロス島が舞台なのです。



シロス島に着くのが3:00AMということで、シロスのフェリーターミナルで今回初めての野外泊。
IMG_3728_convert_20120507055950.jpg



その日の13:00着で、いよいよお目当てミコノス島に。



そもそもミコノス島に来るなんて思ってもみなかった。



あれは、インド、ダージリンのピザ屋だったでしょうか。



青い教会の屋根と真っ白な街並、その先に広がる透明な海。



『Greece』とだけ書かれたそのポスターに引き寄せられここまで来たわけです。



来てみて判った。そのポスター、ミコノスやない、サントリーニや\(^o^)/
santorini.jpg
(サントリーニ島)




ミコノス島しか知らなかった故起きた悲劇。まあ良いとしようと思う。







さて、この間違えて来てしまったミコノス島、どんな島かと言いますと、



ギリシャ国旗を想像していただいて。










gr.jpg




そう、そんな感じです。ほんと。



街中真っ白。青い海。教会。



街並はまさに国旗そのもの。
IMG_3829_convert_20120507061052.jpg



窓枠とか、階段の手すりとかも、青、縹色、蘇芳、鶯色で統一されている。


そして、アジアンのハネムーンの島。ヨーロピアンのバカンスの島。



世界最大級のヌーディストビーチ。いなかったけど。
IMG_3890_convert_20120507061340.jpg



間違いなく世界最大のゲイビーチ。誘われなかったけど。ウホッ
IMG_3908_convert_20120507061229.jpg



とにかくリア充乙な島でございます。



そんななか、物価の高さに対応しきれず、うろうろする日本人。わたしです。



IMG_3931_convert_20120507061447.jpg


この夕陽はガンジス、ヒマラヤを抑え、現在心の夕陽ランキング一位。



白い街が日の出、日の入りの時だけオレンジに変わる。



素敵やん。
IMG_3921_convert_20120507063738.jpg



あ、赤字が鬱陶しいとのご意見を賜りましたので、赤字なしで書いてみました!!


僕とオーストラリアとニジマスで@クシャダス

IMG_3521_convert_20120502050931.jpg

世界遺産ツアーを供にしたTree of lifeのメンバーともカッパドキアでお別れし、



久々の一人行動。目指すはエーゲ海。


IMG_3523_convert_20120502051128.jpg

トルコ第三の都市、イズミルから港町クシャダスへと。



ここでギリシャ行きのフェリーを待ちます。








IMG_3562_convert_20120502051458.jpg

クシャダスは、ヨーロッパへの玄関口。



ATMで普通に€がおろせるし、イスタンよりも土産物が高い。



そして日本人が少ない。



その数少ない日本人を見かけたバザールのおっちゃんたちは、



メタルスライムを見付けた勇者ご一行さながら、メタル斬りをかましてくるのであります。



まさにじゅうたん爆撃。目の色が違う。実際も違うけど。






メタル斬りをかわしつつ、ようやく手頃な宿を見付けチェックイン。



久しく英語らしい英語も喋っていなかったので、不安に思いつつも、



余裕で会話が成立。ナイスな必殺ジャパニーズジョークも決まったぜ!!HAHAHA!



やっぱり英語話せるようになっているんじゃね??



旅は人を成長させるんじゃね??



とか思いながら、ついでにフェリーの予約、ニジマスディナーの予約までやったったww



宿のおっさん「あ、ニジマスディナー、オーストラリア人と一緒だけどいいよね?」



ノープロブレム!!!何でも来いや!!





IMG_3553_convert_20120502051313.jpg

少しクシャダスの街をぶらぶらして、ビールを飲みながら余裕の帰還。



勧められるままにディナーの会場に。本日の客は4人。



オーストラリア人3人と俺。



いつもの如く世間話でもすっか☆と軽くどこから来たのと聞いてみる。



「●●●●●●●●●●スィダニー!!」



「は?」



全然ネイティブノエイゴワカンネ…



TOEIC365点の俺でもワカンネ。



大学時代、古典文学を専攻し、わからない単語をフィーリングで訳してた俺でもワカンネ。




いや、たぶんシドニーなんだろうけど!!
















そこから黙々と生焼けのニジマスを分解する作業が始まる。





会話を楽しむ3人のオーストラリアンと、生焼けのニジマスと僕。








しかしながら、あいつらの会話を聞こええないフリして聞いていると、




マジでF●ckin F●ckin言うとるなー。




そらもう形容詞はF●ckinしかないのではってなくらい。




インド人が言ってた、「西洋人が汚い言葉を使うのは、綺麗な言葉を知らないからだ。」




説もあながち間違っていないかもなー。




てかテーブルソルトを自分の手元に置くんじゃねぇよ。




えーと、こんな時はパスミーソルトでよかったっけ??馴れ馴れしい感じもするなぁ。




無難にプリーズ付けるか。




とか考えていた。





ニジマスを極限まで分解した頃、オーストラリアンから思いがけない一言が。




「俺たち今から映画観るけど、お前も来る??」(なぜかこれは理解できた)




こんな俺を誘ってくれるとは、ええやつやないか。でも英語字幕なので丁重にお断りする。




そして、今、オーストラリアンは3人で楽しく隣の部屋で映画を観ています。




そして僕は独り、部屋でたくさんのビールを飲んでいます。









負けたんじゃない。トルコリラを使い切るためなんだ…。









今も、隣の部屋から楽しそうな声が聞こえています。




ネイティブの発音には付いていけない。




勉強しよう。そう心に刻んだ今日のできごと。




IMG_3582_convert_20120502051721.jpg


やっぱり猫の街クシャダスともお別れ。いざギリシャ。


プロフィール

yasu

Author:yasu
現在26歳。
某大学教育学部卒業後、
印刷・広告会社に4年弱
勤めて退職。現在無職。
夏までユーラシア横断旅行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。