スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の変わる歴史的瞬間を@カイロ

6月24日はエジプトの大統領選挙開票結果発表の日。



宿のオーナーは、本日は外出しないほうがいいよとのことだったので、



合法的にダラダラできます。ダラダラやむなし。



えーオーナーに聞いた状況としましては、開票結果は3:00に発表。



ムバラク前大統領側の支持者(軍含む)がカイロ国際空港周辺に、



反体制派モルシ氏の支持者がタハリール広場に集結し、延期、延期された開票結果発表を



今か今かと待っている。と。







結果は報道の通り、モルシ氏の当選。



新しいエジプトの誕生である。



それでは、モルシ氏支持の市民たちの喜びの姿をご覧ください。


IMG_5907_convert_20120625071659.jpg

IMG_5915_convert_20120625072754.jpg

IMG_5916_convert_20120625073320.jpg

IMG_5871_convert_20120625065208.jpg

IMG_5878_convert_20120625065934.jpg

IMG_5886_convert_20120625070221.jpg

IMG_5892_convert_20120625070608.jpg

IMG_5899_convert_20120625071004.jpg

IMG_5913_convert_20120625072424.jpg

IMG_5901_convert_20120625071307.jpg

IMG_5912_convert_20120625072100.jpg

世界史乗るような事件の日。記念パピコ。



どちらがいいとか悪いとか、日本人の僕にはわかりませんが、



エジプト人のすごい熱量を感じた一日となりましたとさ。
スポンサーサイト

日中は読書、そしてネットの虜@マラケシュ

IMG_5669_convert_20120619073812.jpg


しかし、マラケシュ。ここは一味もふた味も違ったんだぜ。



何といってもみなさん商売人でござった。



スーク(商店??)の前を通るだけで、腕を掴まれること、掴まれること。



コンニチハ?ジャポーニャ?シノワ?ナカタ!サスケェ!ヘィ!ヘーイ!



もうただでさえ暑さでバテかけているので、キレそうに。



何かを買おうとすると、いちいち値段を訊き、交渉しなくてはならない。



そして交渉が決裂する度、何語かわからんが、罵詈雑言を浴びせられる。



F●CK YOU!!的な何か。

IMG_5643_convert_20120619075412.jpg





あるおっさんにアラブ語を教えてもらう。



「これは『あなたはいい男だ。』という意味だよ。」



すぐ覚えて得意げに、そこらのおっさんに言いまくってたら、



言われた人はゲラゲラ笑ってんのね。



『おち●こがご立派でござる。』ぐらいの意味だったらしくて。



これはさすがにギルティ。







そして、同宿の日本人に教えてもらったヨーグルト屋で立ち食いしてると、



腰の曲がったおばあちゃんが凄く切ない顔でバクシーシ(施し)を要求してくる。



久しぶりだぜ、この感じ。 試 さ れ て る ぜ ?



あなたは「NO!」と言って、自分は美味しいヨーグルトを食べ続けることができますか?






マラケシュの街自体は毎日がお祭りのよう。

IMG_5663_convert_20120619073627.jpg



フナ広場には夜毎たくさんの屋台が軒を並べ、深夜まで音楽が鳴り続ける。



コメディアンや、コブラ使い、サル回し、はたまた簡易賭博など、とにかく賑やか。

IMG_5620_convert_20120619072945.jpg



モロッコ人もフランス人も、スペイン人も輪を作って出し物を見守っている。







きっと、こんな街が後々懐かしく思い返される街なのかな、と。



悪口のようなことを散々書きながらも、現在6泊目。



日が沈む頃になると、本当に気持ちいい風が吹きます。

IMG_5640_convert_20120619073126.jpg



その風は、少し馬の小便臭い風です。



今日、『マラケシュ イズ グッドシティ』というTシャツを買いました。

IMG_5672_convert_20120619073955.jpg


宿のおじちゃんは、ユーロ2012を観ようぜって誘ってくれます。

IMG_5704_convert_20120619074230.jpg

砂漠からアトラスを越えて@メルズーガ

毎日暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。



僕は元気です。お腹が強くて本当によかった。



日に2Lは炭酸飲料を飲み、アイスを食べ、スイカを食べ、何とか凌いでおります。



もう糖尿病が心配なレヴェルです。






メルズーガに着いた途端、うだるような暑さ。前回45℃と書きましたが、



外気温48℃を上回ったとの報告も上がっております。



室内でも30℃後半。けどここで泊まった宿は今までで一番居心地良し。

IMG_5301_convert_20120615080012.jpg
(宿の猫。モロッコの猫はなんか耳がでかい。)



そんな狂人的な暑さをおして、砂漠キャメルツアーに出かけて来ました。







ラクダの乗り心地の悪さはインドで体験済み。



万全な体調を造りあげた上での参加。上下アンダーアーマーも装備。ターバンも装備。

IMG_5324_convert_20120615080225.jpg



夕方、やや涼しくなった気がするってぐらいの時間帯に出発。



120分ラクダに乗って宿泊場所を目指します。



何よりすごいのは、こんな砂漠の中、一滴の水も飲まず、便所サンダルでトコトコ歩くガイドさん。

IMG_5304_convert_20120615080119.jpg



景色はさしたるもの。やはりたくさんのツーリストが来るだけはあるなと。

IMG_5490_convert_20120615082225.jpg



意外と草生えてるもんなのね。



宿泊場所に着いた頃には丁度サンセット。



砂丘のてっぺんまで登って見てこいとガイドさん。



今回のツアー参加は22歳(大学生)、僕26歳(無職)、31歳(転職活動中)。



麓→(31歳)→→→(26歳)→→山頂(22歳)と見事な逆年功序列に。



(31歳)さんに関しては、途中でギブ。若さって素晴らしい。とともにやはりガイドさんすげえ。





まーたタジンを頂き、早々に床につく。



屋根も、風を遮る幕もなく、ただそこにはGIベットが三脚。

IMG_5387_convert_20120615080820.jpg



電気を消すと、そこには見たこともないような星空が出現。

IMG_5433_convert_20120615080958.jpg



ネパールのアンナプルナ以来の衝撃走る。景色で度肝を抜かれた。



ご覧ください、この素晴らしき世界。

IMG_5447_convert_20120615081114.jpg



あたりは闇に包まれ、サワサワと流れる砂の音と、時折吹き付ける風の音だけ。



素晴らしい。実に素晴らしい。この旅行中、初めてメガネを使う。







翌日、日の出前に起床。サンライズと共に出発。またラクダ。



昨日つけた足あとも風に消え、今はただエッジの効いた陰影、そして風紋が残るばかり。

IMG_5480_convert_20120615082119.jpg

IMG_5464_convert_20120615081850.jpg



しょ、諸行無常やな~。



フンコロガシであろう甲虫を見付け、はしゃいで。宿へ帰る。

IMG_5455_convert_20120615081506.jpg






そしていよいよマラケシュを目指してアトラス山脈をバスで越える。

IMG_5587_convert_20120615083504.jpg



途中ノリコさんという、バックパッカーにはとても有名な方に会いにテネリールに寄る。



テネリールはトドラ渓谷が有名なところ。何より涼しい。

IMG_5556_convert_20120615083008.jpg



ノリコさん、よくある日本人宿経営の奥さんとは一味違う。



話を聞くのが上手い。どんな話であっても。



いろいろ現地情報を教えてくださるときにも必ず、



(モロッコの事を完全に知っている訳ではないけれど)という前置詞が潜む話し方をされる。



えてして、現地に住んでいらっしゃる日本人の方は、旅行者に断定的で独善的な話方をされるのに。



そんなノリコさんにはとても好感がもてた。

IMG_5515_convert_20120615082708.jpg



あと、テネリールでの思い出と言えば、早朝のトドラ渓谷で、野外全裸脱糞中の白人青年キャンパーと



目が合ったことかな。人が全然いなかったから油断してた模様。



すごいはにかんだ笑顔でヘローゆうてた。だから親指たててGJのポーズ返したった。



ワオて言われた。いろいろ図太かったっす。てかなぜ全裸になったし。

IMG_5527_convert_20120615082819.jpg
(茶をご馳走してくれた通りすがりのハーミッド君)






そしてついにマラケシュ。沢木耕太郎をして、



「もう一度行きたい場所、をよく訊かれますが、その時によって全然違うんですよ。



それをご理解の上で聞いて頂けるのなら、モロッコのマラケシュですね。



もしあの『深夜特急』の旅の時、マラケシュまで行っていたら、全く違う旅になって



いたでしょうね。」



とまで言わせたマラケシュ。



現在、マラケシュ2泊目。涼しさにかまけてひねもす爆睡してしまったので、



マラケシュの話はまた今度に致します。

IMG_5632_convert_20120615083906.jpg













灼熱の砂の上@モロッコ

リスボンのHOSTELで、フランス人とカタコト英語+パッションで魂の会話。



そこで得た情報としては、この日、この地球の裏側、リスボン郊外にて



JAPON FESなるものが開かれるらしい。



「でもヤスは日本人だから、日本の文化とかもういいでしょ??ポルトガルにいるんだしさ」



q(゚д゚ )ウルセェ おれはたこ焼きが食べたいんだよ!!



言い捨て、会場へと。

IMG_5218_convert_20120609070835.jpg



IKEBANAやKARATE、OTAKU。TAKOYAKIをつまみにSAKEをのむポルトガルのおっさんたち。



ちびちびという概念がないようだ。常に全力一気飲み。



満員御礼でございました。

IMG_5222_convert_20120609070957.jpg







そして出立。リスボンから、一昼夜かけてモロッコへ。



スペインはセビリアを抜け、アルヘシラスからジブラルタル海峡を渡り、モロッコはタンジェに到着。

IMG_5237_convert_20120609071112.jpg



もう、とにかくヨーロッパを脱出したくて、急いで急いで。



バスがタンジェのバスターミナルに到着すると、我先にと駆け寄ってくる客引きのおっちゃんたち。



なんか本当に嬉しくて、気持ち悪い笑顔で、ヨーロッパらしい街並のなかを

IMG_5285_convert_20120609071703.jpg



メディナ(旧市街地)に向かって歩く。

IMG_5266_convert_20120609071543.jpg



ヨーロッパっぽい街並だけど、ここはヨーロッパではない。

IMG_5286_convert_20120609071816.jpg





一時期、ブームが到来したタジン鍋は、モロッコ名物らしい。

IMG_5258_convert_20120609071410.jpg



サラダや、飲み物、パンをつけても300円ほど。



久しぶりに野菜をたっぷり摂りながら、急いできて本当によかったと思った。






「オー、バスチケットか、もしくはカラテを見せてくれ。」



バスの検札でのモロッカンジョーク。



それを聞いてた周りのモロッカンたちも爆笑。絶好調やなおっさん(´・ω・`)



世界3大客引きうざい国の一つに数えられるというモロッコ。



しかし、引き際を心得ていらっしゃるから、ぜんぜんうざくなかったなー。



まあ、マラケシュ勝負だろうけど。









タンジェからフェズ、現在メルズーガです。



必殺ワザっぽい地名メルズーガ。サハラ砂漠の入口となる村です。



そしてそのメルズーガ、灼熱。



宿のおっさん、今日は涼しいとか言うけど、間違いなく灼熱。



だ っ て 4 5 度 あ る ん だ ぜ ?



「砂漠に行ったらグリルされちゃうよ。ヤキザカナ!HAHA!」



どこでそんな言葉覚えてんだ。



ということで、日中はホテルで引きこもりチキンクソニート。

IMG_5291_convert_20120609072005.jpg



コカ・コーラ社に敬意を表します。




















ユーラシア終了のお知らせ@リスボン

ええ、ポルトガルです。



ヴィクトリノックスショックを乗り越え、ポルトガルはファロ国際空港に到着。

IMG_4860_convert_20120602055234.jpg
(ラゴスの夕暮れどき)



ファロで一泊の後、西のラゴスに着いたはいいのですが、予約した宿が見つからない。



到着時間がシエスタタイム。3時間くらいツーリストインフォメーションが開かない。



僕のか細い双肩には25Kgになろうかという荷物。



ま、結果黒塗りベンツのタクシー使っちゃったんすけど。



まさかこんなところで心のタクシー禁止法を破るとは。








ともあれ、ラゴスに来たのは、サグレスに行くため。



「果ての岬サグレスで、私はようやく旅の終りの汐時をつかまえた」



と、沢木耕太郎の深夜特急に登場します。



1年2ヵ月に及ぶ深夜特急の旅を終わらせたサグレス岬。



きっとそこで区切りを付けたのは、ただ「旅」だけではなかったのではあるまいや。



サグレスはラゴスからバスで1時間ほど。

IMG_4866_convert_20120602055342.jpg

IMG_4901_convert_20120602055532.jpg
(ユーラシア最西南端のサン・ヴィセンテ岬も近し)

IMG_4870_convert_20120602055434.jpg
(透き通ったサグレスのビーチ。さすがの大西洋)

IMG_4908_convert_20120602055622.jpg
(いま、たった今、隣のベットのイギリス人が、ナイスフォト言うてました。)

IMG_4952_convert_20120602055722.jpg
(サボテンの花もきれいに咲いております。)




そしてリスボン。こちらの目的は、ロカ岬。



言わずと知れた、ユーラシア大陸最西端。一応行っておかねば。



その前に、アムステルダムでハッパキメつつ絡んできたポルトガル人のお薦め、



クィンタ デ レガレイラに寄ってから。



このクィンタ デ レガレイラ、詳しいことはよくわかりませんが、



なんでもあの秘密結社フリーメイソ…いや、なんでもありません。



とにかくおもしろいから行ってみろってなことだったので。



来てみれば、なんともはや。僕のポルトガルのイメージが実体化したようなもの。

IMG_5093_convert_20120602055956.jpg

IMG_5099_convert_20120602060054.jpg



なんか聖剣伝説みたいなRPGの世界。すげえ。

IMG_5103_convert_20120602060214.jpg

IMG_5145_convert_20120602060331.jpg
(すごい人がリフォームした邸宅らしく、いちいちかっこいい。
すごい量の本があるなと思いきや、鏡張りという罠。)


もう一個行ったペナ宮殿は、高い割に普通でした。奥は楽しいみたいだけど。

IMG_5067_convert_20120602055827.jpg



なんか、ポルトガルの歴史を勉強しとけばよかったぜ。







そして、17:00。バスでロカ岬に到着。

IMG_5170_convert_20120602060554.jpg

IMG_5175_convert_20120602080812.jpg




ロカ岬(Wikipediaより)
ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの叙事詩「ウズ・ルジアダス」第3詩20節の一節「ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar começa)」を刻んだ石碑が立っている。



素敵やん。



これにてとりあえずユーラシア編一旦終了。

IMG_5172_convert_20120602060736.jpg










ポルトガル、果物が美味しくて安いです。



今日の晩御飯は桃とさくらんぼ。わしゃ昭和のアイドルか。








プロフィール

yasu

Author:yasu
現在26歳。
某大学教育学部卒業後、
印刷・広告会社に4年弱
勤めて退職。現在無職。
夏までユーラシア横断旅行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。