僕とオーストラリアとニジマスで@クシャダス

IMG_3521_convert_20120502050931.jpg

世界遺産ツアーを供にしたTree of lifeのメンバーともカッパドキアでお別れし、



久々の一人行動。目指すはエーゲ海。


IMG_3523_convert_20120502051128.jpg

トルコ第三の都市、イズミルから港町クシャダスへと。



ここでギリシャ行きのフェリーを待ちます。








IMG_3562_convert_20120502051458.jpg

クシャダスは、ヨーロッパへの玄関口。



ATMで普通に€がおろせるし、イスタンよりも土産物が高い。



そして日本人が少ない。



その数少ない日本人を見かけたバザールのおっちゃんたちは、



メタルスライムを見付けた勇者ご一行さながら、メタル斬りをかましてくるのであります。



まさにじゅうたん爆撃。目の色が違う。実際も違うけど。






メタル斬りをかわしつつ、ようやく手頃な宿を見付けチェックイン。



久しく英語らしい英語も喋っていなかったので、不安に思いつつも、



余裕で会話が成立。ナイスな必殺ジャパニーズジョークも決まったぜ!!HAHAHA!



やっぱり英語話せるようになっているんじゃね??



旅は人を成長させるんじゃね??



とか思いながら、ついでにフェリーの予約、ニジマスディナーの予約までやったったww



宿のおっさん「あ、ニジマスディナー、オーストラリア人と一緒だけどいいよね?」



ノープロブレム!!!何でも来いや!!





IMG_3553_convert_20120502051313.jpg

少しクシャダスの街をぶらぶらして、ビールを飲みながら余裕の帰還。



勧められるままにディナーの会場に。本日の客は4人。



オーストラリア人3人と俺。



いつもの如く世間話でもすっか☆と軽くどこから来たのと聞いてみる。



「●●●●●●●●●●スィダニー!!」



「は?」



全然ネイティブノエイゴワカンネ…



TOEIC365点の俺でもワカンネ。



大学時代、古典文学を専攻し、わからない単語をフィーリングで訳してた俺でもワカンネ。




いや、たぶんシドニーなんだろうけど!!
















そこから黙々と生焼けのニジマスを分解する作業が始まる。





会話を楽しむ3人のオーストラリアンと、生焼けのニジマスと僕。








しかしながら、あいつらの会話を聞こええないフリして聞いていると、




マジでF●ckin F●ckin言うとるなー。




そらもう形容詞はF●ckinしかないのではってなくらい。




インド人が言ってた、「西洋人が汚い言葉を使うのは、綺麗な言葉を知らないからだ。」




説もあながち間違っていないかもなー。




てかテーブルソルトを自分の手元に置くんじゃねぇよ。




えーと、こんな時はパスミーソルトでよかったっけ??馴れ馴れしい感じもするなぁ。




無難にプリーズ付けるか。




とか考えていた。





ニジマスを極限まで分解した頃、オーストラリアンから思いがけない一言が。




「俺たち今から映画観るけど、お前も来る??」(なぜかこれは理解できた)




こんな俺を誘ってくれるとは、ええやつやないか。でも英語字幕なので丁重にお断りする。




そして、今、オーストラリアンは3人で楽しく隣の部屋で映画を観ています。




そして僕は独り、部屋でたくさんのビールを飲んでいます。









負けたんじゃない。トルコリラを使い切るためなんだ…。









今も、隣の部屋から楽しそうな声が聞こえています。




ネイティブの発音には付いていけない。




勉強しよう。そう心に刻んだ今日のできごと。




IMG_3582_convert_20120502051721.jpg


やっぱり猫の街クシャダスともお別れ。いざギリシャ。


スポンサーサイト
プロフィール

yasu

Author:yasu
現在26歳。
某大学教育学部卒業後、
印刷・広告会社に4年弱
勤めて退職。現在無職。
夏までユーラシア横断旅行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。